ドアの形式は様々|リフォームする際のコツ発見【玄関ドアから家を変えよう】

家の顔である玄関ドアからリフォームすればイメージ一新できる

ドアの形式は様々

ドア

不具合が出てきたらリフォームしよう

家が手狭になってきた、ちょっとここを変えればもう一つ部屋が作れる、そんなときは家をリフォームすると良いです。構造まで抜本的に変える必要はなく、一部分だけでも家の印象はガラリと変えることができるので、ちょっと不便を感じてきた部分をチェックしてみましょう。特に玄関は家の顔になるので変えたらイメージが一新します。

ドアにもいろいろある

玄関ドアと一言でいってもいろんなものがあります。そのため、施工する前に「家をどのように変えたいのか」「不便に思っていることが解消するドアはどれか」「開放感が欲しいのか」などイメージを固めていくようにした方が良いです。ドアのイメージが掴めないなら、業者のショールームや、実際施工した後の写真を確かめるという方法でイメージを明確化できます。

片開きと両開きと引き戸

形式ですが、片開きだと・片開きドア・袖付き片開きドア・親子ドアなどがあります。基本的に日本は家を建てるための敷地が狭いので、不便を感じないためのドアといえば片開きになります。袖付きだとガラスが袖にはめ込んであって動かないようになっているタイプがあり、外の風景が見えるようになっているため、広い玄関先に合います。親子ドアだと普段使わないときは締めておき、車椅子が通るときは開けておけます。両開きはあまりみられませんが、引き戸は和風の家に合う玄関ドアです。

素材で選ぶ

引き戸で選ぶとしても、素材が違うだけで印象は全く違います。アルミ製だと耐久性も高いため、長持ちするのです。塩害や台風が多い地域であれば、アルミ製の方が良いといえます。対して木製は、木の柔らかな印象が家全体を明るくするといえます。しかも断熱性も高いといわれています。

気になるのはお値段ですよね?

何万円くらいでリフォームできるの?

玄関ドアリフォームの価格相場を見てみると、50万円だという結果が一つの調査では出ています。100万円を超えるリフォームもありますが、やはり費用を抑えてしっかり安全性も高めたいなら40~50万円が妥当だといえます。

安さと耐久性を求められる

50万円以下のリフォームだと耐久性が心配ですが、業者選び次第では耐久性もともに追求できるのです。30万円以下で玄関を施工する際は、業者の対応やアフターフォローを確認することで安全な工事が実現できます。

広告募集中