床が長持ちする利点がある|リフォームする際のコツ発見【玄関ドアから家を変えよう】

価格は少し高いけどフロアコーティングは絶対必要!その理由を検証

家に一手間かけよう

お金をかけて建てた家ですので、少しでも長持ちさせたいものです。そのためには、建てた当初の状態を綺麗に保つために、フロアコーティングをすることも一つの選択肢です。その必要性について一度考えてみましょう。

床が長持ちする利点がある

床

できるだけ作業を減らす

家を安く建設するためのコツとしては、建材の長さを中途半端にしないことだといわれています。木材を切ったり、計測したりする手間が省けるため、建設の際に時間が掛からないのです。こういった小さなこだわりを省くことで家は安く建設できますが、長持ちするための手間は惜しまないようにした方が良いです。例えばフロアコーティングですが、コーティングの価格がちょっと高いということでフロアコーティングをしない人もいます。しかし、その結果10年後に新たにコーティングをする羽目になることもあります。最初にかかるコストだけを考えるのではなく長い目で考えるようにしましょう。

全体的なコスト削減にもなる

もしフロアコーティングをした場合、そのコーティングの価格以上にコスト削減できる点があるのでチェックしてみましょう。・部屋が明るく見えるので照明代を節約できる・ペットが床を傷つけないので床を補修する費用が削減できる・掃除する手間が省ける以上のメリットがあるので、生活する上でもフロアコーティングをしたメリットを感じることができます。

コーティング剤の違いを特集しました

アクリル

ワックスと変わらない使い心地を求めるのであれば、アクリルを使ったコーティング剤を選ぶと良いです。床に艶を出すためによく使われており、価格が安いのが魅力です。最近は耐久性に優れていて、水にも強いタイプが開発されています。

油性ウレタン

予算があまりないという人にはアクリルコーティングと並んでおすすめされているのがこのウレタンコーティングです。このウレタンを使ったコーティングは昔から使われている手法ですので、馴染み深いという人も多い素材となっています。

ウレタン樹脂

最近はウレタン樹脂を使った、硬化する特徴のあるUVコーティングが人気になっています。価格も高いのですが、20年以上も耐久性があるということで、トータルして計算したらコストカットになるとして施工する人もいるようです。

ガラス

車椅子を室内で使っているという人はこのガラスコーティングを希望する人が多いです。ガラス塗膜を床に作り出すため硬度も高く、車椅子やペットの爪で傷つくことが少ないのです。床の質感がマットになるのも人気の理由です。

広告募集中